WSL2 上の postgresql サーバーに windows10 から A5:SQL Mk-2 を使って接続する

投稿日: 2021年 3月 12日

タイトルに書いてあることをやろうとしたとき、
パソコンが苦手な私にとっては、いろいろと苦戦してしまったので、同じようなことをする人の参考になればと思い、手順をまとめて見ます。

A5:SQL Mk-2 とは

image.png

  • 公式サイト:

https://a5m2.mmatsubara.com/

  • 各種 DB (mysql や postgresql) に接続してデータベースの管理・操作ができる GUI ツール
  • 無料で使える
  • ER図をリバースエンジニアリングで作成できる(ER図からテーブルの作成もできる??)

(特に既存のデータベースからER図を作る機能が使いたくて、今回私はインストールしました)

環境・バージョンなど

OS

  • エディション Windows 10 Pro
  • バージョン 21H1
  • OS ビルド 19043.844

WSL

$ lsb_release --all
No LSB modules are available.
Distributor ID: Ubuntu
Description:    Ubuntu 18.04.5 LTS
Release:        18.04
Codename:       bionic

postgresql (WSL上)

$ psql --version
psql (PostgreSQL) 10.15 (Ubuntu 10.15-0ubuntu0.18.04.1)

インストール手順

  1. postgresql 設定ファイルの更新
  2. パスワード変更
  3. A5:SQL Mk-2 をダウンロード・インストール
  4. A5:SQL Mk-2 で接続情報を設定

1. postgresql 設定ファイルの更新

変更するのは下記の2点

  • /etc/postgresql/10/main/pg_hba.conf
  • /etc/postgresql/10/main/postgresql.conf

※システムによっては、パスが異なるかもしれません。

それぞれ更新内容は下記の通り。

/etc/postgresql/10/main/pg_hba.conf

# host    all             all             127.0.0.1/32            md5
host    all             all             all                     md5
  • pg_hba.conf はクライアント(A5:SQL Mk-2 など)の認証に関する設定を行うファイルです。
  • 一番左の host という値が、 TCP/IP に関する設定を表します。
  • 1行目は、もともと書かれていた設定で、127.0.0.1/32 とあり、ローカルホストしか認証しません。
  • windows10 から wsl(ubuntu) 上の postgresql に接続するとき、TCP/IP を使うので、ローカルホスト以外でも接続できるようにする必要があります。
  • そのため、2行目の設定をファイルに追加します。
    • 127.0.0.1/32 となっている値を all にすることで、全ての IP アドレスからの接続を認証します。

/etc/postgresql/10/main/postgresql.conf

listen_addresses = '0.0.0.0'
  • デフォルトでは、listen_addresses の設定がコメントになっているので、コメントを外す。
  • 0.0.0.0 を設定することで、postgresql がすべての IP アドレスからの接続を待ち受けるようになる

2. パスワード変更

A5:SQL Mk-2 のようなクライアントから postgresql に接続する際に、接続するユーザーとして、postgres を指定します。
パスワードは、デフォルトの postgres を使いたいです。
postgres ユーザーのパスワードが postgres 以外の場合 postgres にパスワードを変更します。

$ sudo -u postgres psql
psql (10.15 (Ubuntu 10.15-0ubuntu0.18.04.1))
Type "help" for help.

postgres=# ALTER ROLE postgres WITH PASSWORD 'postgres';
ALTER ROLE
postgres=#

3. A5:SQL Mk-2 をダウンロード・インストール

公式サイト からダウンロード・インストールできます。

  • Zip をダウンロードするやり方と、Microsoft Store からダウンロードするやり方が提供されている
  • Microsoft Store からダウンロードするやり方だと 2クリックくらいの操作でインストールまで完了しました

4. A5:SQL Mk-2 で接続情報を設定

インストール後に A5:SQL Mk-2 を開きます(スタートメニューでA5:SQL Mk-2を検索すると見つかります)

データベースの追加と削除 で接続設定を 追加 します

image.png

PostgreSQL(直接接続) を選択します。

image.png

下記の様に接続設定を入力する

image.png

  • サーバー名
    • WSL の IP アドレスを入力する
      • WSL の IP アドレスは ifconfig コマンドで確認しました。
        • image.png
  • ポート番号
    • デフォルトの 5432 を指定
  • データベース名
    • 接続したいデータベース名を指定する
  • ユーザーID/パスワード
    • 両方とも、postgres を指定
    • パスワードは保存するにしたほうが良いかも
  • プロトコルバージョン
    • 変更しない
    • 好きないろに変更

OK を押して、接続情報を保存した後、メニューの データベース > データベースを開く から接続できます。

プログラミングに関するオススメ書籍